ワードプレスは定期的に新しいバージョンを公開していてWordPress5.0から投稿編集画面は「ブロックエディター」が標準エディターに変わりました。

これから副業としてアフィリエイトを始める方はブロックが基本になるので気にならないかもしれませんが、個人的には過去の旧エディターの方が使い勝手が良いので、旧エディターに戻すためのプラグインを紹介します。

WordPress5.0より前からブログを運営している方向けのプラグインなので、「これからワードプレスを利用するよ」という方は無理して導入する必要はありません。

Classic Editor

まずは「Classic Editor」のプラグインをインストールする必要があるのでワードプレスのメニュー「プラグイン」⇒「新規追加」からプラグイン検索画面に移動


「Classic Editor」と検索するとおそらく左上に表示されるので、該当プラグインを「今すぐインストール」⇒「有効化」しましょう。

プラグインの使い方

旧エディターを使うことが目的の方であればプラグインを導入して有効化した時点で、他に設定するべき項目はありません。

プラグインの設定方法としてはワードプレスのメニュー「設定」⇒「投稿設定」に移動

投稿設定に移動すると上の方に「すべてのユーザーのデフォルトエディター」と「ユーザーにエディターの切り替えを許可」という項目が追加されていると思います。

デフォルトエディターを「ブロックエディター」に変更するとブロックエディターによる新規投稿が可能になります。

ユーザーにエディターの切り替えを許可にチェックを入れておくと、投稿画面からどちらのエディターで記事を編集するのか任意で決めることが出来るようになります。

簡単に言えばブログを複数のユーザーで運営している場合にユーザーが好きなエディターで編集出来るようにするための設定なので、一人でブログを運営している場合は気にする必要はありません。

ということで、これで投稿画面を旧エディターに戻すプラグイン「Classic Editor」の使い方についてを終わります。

使い方自体は簡単で基本的にはプラグインをインストールして有効化すれば投稿画面を旧エディターに戻すことが出来ます。お疲れ様でした。