サイトマップは作成して「Google Search Console」に追加しておくことで新しく記事を公開したり更新した時に検索エンジンに通知してくれるものです。

検索エンジンの知識に詳しくなければよくわからないかもしれませんが、簡単に言えばドメイン力が弱い最初の段階で追加しておくとインデックス登録などに有利に働くよ、という感じになります。

既に高いドメイン力を持つサイトを運営しているのであれば設定しなくても構わないものですが、設定自体は難しくないので、ブログを立ち上げたばかりの方は設定しておくことをおすすめします。

XML Sitemaps

プラグインでサイトマップを作成する場合はワードプレスのメニュー「プラグイン」⇒「新規追加」から「XML Sitemaps」を捜してインストールする必要があります。

ただ、このプラグインは検索ボックスに「XML Sitemaps」と入力しても出てこないので、検索ボックスには作者の「Auctollo」と入力して探しましょう。

「XML Sitemaps」のプラグインを見つけたら「今すぐインストール」⇒「有効化」してプラグインの導入は完了です。

XML Sitemapsの設定

プラグインの有効化するとワードプレスのメニュー「設定」に「XML Sitemaps」の項目が追加されているので、ここからXML Sitemapsの細かい設定を決めることが出来ます。

基本的な設定

基本的な設定では「サイトの更新をGoogleに通知する」通や「サイトマップの URL を仮想 robots.txt ファイルに追加 」 にチェックを入れることが出来ますが、基本的には初期の状態で問題ありません。

投稿の優先順位

投稿の優先順位はデフォルトの状態だと「コメント数」にチェックが入っているので、一番上に変更してください。

一番上は「優先順位を自動的に計算しない」という意味で、ここにチェックを入れることでデフォルトだとコメントの多い記事を優先してしまうので、優先度は設定しないということになります。

Sitemap コンテンツ

ここではサイトマップで検索エンジンに通知するコンテンツを設定できます。

デフォルトのままでも問題はありませんが、私の場合は「商品タグを含める」と「固定ページを含める」のチェックを外して「カテゴリーページを含める」にチェックを入れています。

周波数の変更

こちらは検索エンジンのクローラーが巡回する頻度の設定で、私の場合は「投稿(個別記事)」と「カテゴリー別」を「毎日」に変更して設定しています。

優先順位の設定

こちらサイト内のコンテンツの優先順位の設定になるので、私の場合はブログ運営で一番重要になる「投稿(個別記事)」の数値を最大にしています。

設定としては上記のようにしておけば特に問題はないです。

サイトマップの追加

サイトマップの追加には別記事で紹介しているGoogleが提供しているツール「Google Search Console」を使用します。
グーグルサーチコンソールの使い方と所有権の確認【Google Search Console】

サーチコンソールにサイトの所有権を確認している状態でサイトのページを開いて左側にある「サイトマップ」を選択

新しいサイトマップの追加の入力欄に「sitemap.xml.」と入力して送信すればOKです。

サイトマップのURLは上記プラグインの設定画面の一番上に記載されています(サイトのトップページのURL+sitemap.xml.)

送信が完了すると送信されたサイトマップの箇所をクリックした時に「サイトマップ インデックスは正常に処理されました」となるので、このテキストが表示されていれば成功です。

お疲れさまでした!

サイトマップはブログを立ち上げた初期の段階では重宝する機能なので、面倒くさがらずに必ず設定しておきましょう。