これまでは無料で使える優秀なキーワード選定ツールとしてGoogleが提供する「キーワードプランナー」や「ラッコキーワード」が挙げられていました。

ただ、2022年6月にサービスを開始した「キーワードプール」の使い勝手が良く、しばらくの間は「キーワードプール」がキーワード選定ツールの主流になりそうです。

キーワードプールの使い方

過去に「ラッコキーワード」を利用したことがある人であればすぐに分かると思いますが、「キーワードプール」も使い方はほとんど変わりません。

1.キーワードプールに移動する
キーワードプールのサイトに移動

2.調べたいキーワードを入力して競合&月間検索回数をチェックする

使い方は簡単で調べたいキーワードを入力すると右側に関連キーワードがズラっと表示されるので、この中の気になるキーワード(記事タイトルで狙い目)を確認して競合検索&月間検索回数をチェックします。

競合検索

競合検索はキーワードプールのサイト内で“調べたキーワードを記事タイトルに使用しているサイト”を確認することが出来ます。

使用されているキーワードと検索順位、文字数、使用テーマと詳しくチェックすることが出来る上に、キーワードの部分が黄色表示されるので、キーワードがタイトルに含まれているかどうかを即座に判断することが可能です。

当然ですが、狙い目は競合検索で“関連キーワードがタイトルに含まれているサイトが少ない(2~3)または記事タイトルに含まれているけどもっと良質な記事を書けそうなキーワード”です。

月間検索回数

月間検索回数は調べたいキーワードのどれでも良いのでクリックすると全てのキーワードの月間検索回数(ユーザーが調べている回数)のおおよそが表示されます。

この数値が不明になっているキーワードはほぼ調べられていないキーワードになるので、実際に上位表示出来てもあまりアクセスが見込めないキーワードなので頭に入れておきましょう。

中古ドメインを取得してブログを運営しているのであれば月間検索回数が多いキーワードを狙うのもありですが、新規ドメインのドメイン力が低い内は月間検索回数が10~1000程度のキーワードを狙っていくのがおすすめです。

キーワード選定のやり方

トレンドブログや特化ブログで稼ぐための記事を書く場合は上記の競合検索と月間検索回数の両方をチェックしてアクセスが見込める記事を書いていきましょう。

簡単にまとめると、
・競合検索で狙っている関連キーワードを含んだサイトが少ない
・ドメイン力が弱い内は月間検索回数が10~1000程度(不明は候補から外す)を狙う

まとめ

キーワードプールのサービスが開始されるまでは検索ボリュームは調べることが出来る「キーワードプランナー」と関連キーワードや競合検索を行える「ラッコキーワード」の併用が推奨されていましたが、現環境では「キーワードプール」のみで関連キーワード、競合検索、月間検索回数を調べることが出来ます。

※ラッコキーワードは有料プランで検索ボリュームを調べることが可能です。

利用者が増えるとキーワードプールが今後有料化する可能性はありますが、無料で使える間は積極的に利用していくのがおすすめです。

補足として、Yahoo!やGoogleの検索ボックスに直接キーワードを入力した際に表示されるサジェストキーワードもキーワード選定には効果的なので、個人的にはキーワード選定に慣れてきたら「キーワードプランナー」「ラッコキーワード」「キーワードプール」「検索ボックス」など各ツールでキーワードを調べてみたりするのが良いかと思います。

関連キーワードの競合チェックを行っているかいないかではアクセス数に大きな影響が出るので、今後ブログの記事を執筆する際には参考にしてみてください。

お疲れ様でした。